ANA がちマイルも悪くはない?!

プチ出張族型 陸マイラー として陸マイルとフライト、ときどき、鉄道。

A321 ceo 搭乗レビュー

f:id:mile294:20170329125951j:plain

 A321ceo@広島空港

翼端にシャークレットが付いています。

A321ceo とは?

羽田ー広島間にはエアバスA320が飛んでいたのですが、

昨年11月ごろからA321ceoという機体が飛んでいます。

エアバスが従来型の名称変更を行った機体で

ceo=CurrentEngineOptionのこと。

 名称変更した経緯としては、

A321 neo=NewEngineOptionが開発されたためで

こちらは2017年度に就航予定です。

 

座席数は?

一般席は186席で、ABC KJH の3席×2で単通路型(真ん中に通路があるタイプ) です。

同じ単通路型のA320(166席)よりも全長が7mほど長くなり、

プレミアムクラスがAC HKの2席×2で2列、8席だけ設定されました。

国内線機材初の電動シートです。

プレミアムクラスに搭乗してみたいですが、私が良く使用する

広島-羽田便はいつもプレミアムクラスが満席なので、なかなか

機会が無いです。

 

液晶モニタ設置

A320には無かった液晶モニタが搭載されました。

f:id:mile294:20170305235914j:image

f:id:mile294:20170329163814j:plain

映像が流れない時は液晶モニタは収納されます。

A320 では客室乗務員さんがアナウンスに合わせて

非常用設備の説明を実演していましたが、

A321ceoでは他の機材同様に液晶モニタによる映像での

説明となりました。

客室乗務員さんが実演するのは中々楽しかったのですけど。(笑

 

充電設備が充実

一般席には充電用USB端子が全席装備です。

あわせてプレミアムクラスには電源コンセントまで装備。

WiFiサービス機体であるので充電に配慮された形です。

 

一般席では前席の足元にあり、USB端子の開口部が

通電されているときは緑色に発光。

USB充電中は青色に発光色が変化します。

f:id:mile294:20170305235827j:image

 

WiFiサービス機体

以前に記事を書きましたが、国内線Wi-Fiサービスの機体となります。

mile294.hatenablog.com

Wi-Fi対応ということからか、タブレットを置くことができるように

 シートにタブレットホルダーがあります。

 

f:id:mile294:20170219173734j:plain

 

分かりにくいですが、リーフレットホルダーの分を手前側に倒すことで

タブレットを置くことが出来るスペースが現れます。

f:id:mile294:20170329163731j:plain

タブレット持ってないので、Wi-Fiサービスの

紹介リーフレットを置いてみました。
 

不思議な座席!

下記のシートマップをご覧ください。

f:id:mile294:20170331130454p:plain

注目は赤枠で囲んだ「10J」の右側「10K」に記載されている設備。

これ実は離着陸時の客室乗務員さんの座席です。

したがって、「10J」の席に座ると、客室乗務員さんの真横に

座ることになります。

しかも、私達は前向き、客室乗務員さんは後向きなので、

今までにない不思議な光景です。

前回搭乗した時には、着陸後の機内放送を担当されていたので

横目に機内放送している姿を見るということに。

すぐ後ろ側が非常口になるので窓も小さく、景色を見たりはできませんが

一度は体験してみると面白いですよ。

※座席指定では真ん中席しか空いていなかったので

チェックインカウンターに行ったところ、この座席が割り当てられ

「すぐ横に客室乗務員が着席させていただきますが、よろしいでしょうか?」

と確認があったので、通常の座席指定では選べないのかもしれませんね。

 

A321ceoまとめ

 A320と比べて、機体幅も大きくなり、ぎっしり詰め込まれる

イメージから変わって少しゆったりしています。

プレミアムクラスには電動シートがあったり、一般席には

客室乗務員さんのすぐ横に座るシートがあったり

ちょっと面白い機体ですね。

比較的に新しい機体が飛んでくれる広島ー羽田便なので

今後も面白い機体に出会えたら、レビューしてみたいと思います。

 

よろしければ、応援お願いいたします。


マイレージ ブログランキングへ